二十四節気 春 ~雨水~

2021年2月18日

雨水 春を6つに分けたうちの2番目の節気

・・・陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也・・・

空から降るものが雪から雨に替わる頃

深く積もった雪も融け始める

春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める

 

三寒四温を繰り返しながら、着実に春に向かっています

私たちのカラダの中でも、ウズウズ、ワクワクするような陽気を感じます

それは冬至の日を境に徐々に陽気が増え始め、春分の日に向かって今が頑張り時

そんな徐々にの変化に気付いてあげること

もしかしたら、頑張って陰陽の変化を起こすときには体調がイマイチになるかもしれませんが、こういう時期なんだって理解してあげること

頑張っているんだね!って思うだけで愛おしくなるはず

 

雨水に・・・

・雛人形を飾ると良縁に恵まれる

・農耕の準備を始める目安

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP